×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

太陽光発電の必要性

大杉の太陽光発電導入日記

  このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電の必要性

太陽光発電はこれからの時代に必要な技術です。 どの様なエネルギーであっても無限な物はありませんし、人間が使用する電力などを作り出すためには、なんらかのエネルギーが必要となってきます。

 

そして、エネルギーを使い電力を作り出す為にはコストがかかりますし、排気ガスや廃棄物などによって環境が汚染されていくのです。

 

現在の電力を作り出す発電所で、一番エネルギー力をもつのが、原子力発電所ですが、日本人であれば、原子力の危険性はご存じの事だと思います。

 

ですから、現在使用されているエネルギーに変わった、新しいエネルギーは日夜研究されているのです。

 

その中でも、太陽のもつエネルギーは大変注目されていますが、太陽光発電システムは、クリーンであり、寿命もながいエネルギーとして、住宅用に太陽光発電システムを導入すると国からの補助金が出るほどであります。

 

本来、日本においては雨や湿気が多い土地でありますので、太陽光発電には向いていないといわれていますが、ひとりでも多くの人が太陽光発電システムを導入する事によって、地球環境には良いはずなのです。

 

新しいエネルギーとして注目されている太陽光発電システムなので、これからは発電量なども上がってくるはずですし、まだ太陽光発電の導入をしていない方は、真剣に考えてみてはどうでしょうか。

 

太陽光発電の専門家だからわかる事がある。

太陽光発電と温暖化現象

太陽光発電は地球温暖化現象にストップがかけられる技術です。 現代では、深刻な地球温暖化が危惧されており、地球温暖化を防ぐために、住宅用の太陽光発電システムを導入する家庭も増えてきています。

 

おおまかにいうと、地球の平均気温が上昇する事を温暖化と呼びますが、温暖化が進む事によって、人類だけに留まらず、地球上の生物全てに影響を与えるのです。

 

まず、地球上の平均気温が上昇すると、融けないはずの氷が融け始めてしまいますが、現に北極の氷は、ここ数十年で急激に減少しています。

 

北極の氷が融ければ、世界中の海面が上昇するだけではなく、海面の温度の上昇にも拍車がかかり、大雨や台風を引き起こす事でしょう。

 

全てを温暖化のせいにするつもりはありませんが、最近の異常気象や、世界各国でおこっている自然災害には、温暖化が原因のものも含まれているはずです。

 

温暖化の大きな原因の一つである、二酸化炭素の排出量は、アメリカや中国が群を抜いていますが、人口比で考えると、日本もかなりの排出量があります。

 

世界各国で行われているサミットでは、毎回温暖化の事が取りざたされ、世界中が削減に向けて動き出しています。

 

その様な取り組みは、皆の協力がなければ出来る事ではないので、ひとりひとりが自分に出来る事がないかを見直してみてください。

 

太陽光発電ならば省エネが実現できます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ